Welcome to Daughters of St.Paul

7月18日から20日まで、職員研修会が本部修道院で行われました。その様子を「女子パウロ会ニュース」にアップしましたので、ご覧ください。
「女子パウロ会ニュース」 (2017.07.23)
  ・・・・ お知らせ ・・・・・・・・
女子パウロ会 電子書籍のページ
新しく、『キリスト教とは何か⑦ 殉教ところびを越えて』(粕谷甲一神父著)と、『人はみな、オンリーワン』(森一弘司教著)が配信されています。お使いの電子書籍の配信サイトよりダウンロードしてお読みください。
東日本大震災関連サイト
 ・ カトリック東京ボランティアセンター CTVC
 ・ カリタスジャパンブログ 


キリシタンゆかりの地をたずねて2017/03/28
 小西行長供養塔
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2017/07/12
 第183回 神の十戒 –(2)
新世紀 ルーツへの巡礼2014/06/30
 11)固有の使命、固有の霊性7
女子パウロ会ニュース2017/07/23
  職員研修会が行われました

今日は何の日?

7月25日(火)

今日の出来事
聖ヤコブ使徒
イエズス会巡察師ヴァリニャーノ神父、口之津に入港(1579年)/教皇パウロ6世 回勅 『フマーネ・ヴィテ-適正な産児の調整について -』 発表(1968年)/ラゲ神父『仏和会話大辞典』、『仏和小辞典』発行(1905年)/日本カトリック社会司教委員会「福島原発事故何が起きたか、何を学ぶか」の研修会開催(2011年)/日本カトリック労働者連盟(ACO)、菅直人首相に「福島第一原発事故についての対応」への抗議と要望の声明書出す(2011年)
今日のことば
 どのように前に進み、希望を提供しなければならないでしょうか? 道に出ていって「わたしは希望をもっています」と言いましょうか? いいえ。自分のことばで、自らの証しによって、ほほえみながら「わたしには父がいます。わたしたちは孤児ではありません。わたしたちには父がいます」と言うこと。福音を告げ知らせるとは、これです。そして御父とのこの親子関係を他のすべての人たちと共有すること。/ 「やっとわかりました、神父様。他者を納得させ、勧誘することですね!」 いいえ。まったくそのようなことではありません。福音は、いわば種のようなものです。あなたはそれを自分のことばで、自らの証しをとおして播くのです。それから後はどうなったか統計をとる必要はありません。それは神がなさることです。神がこの種を成長させます。でも、わたしたちが種を播くときは、水をやるのは神であり、成長させるのも神であることを確信していなければなりません。そして収穫するのはわたしたちではありません。他の神父、他の信徒、他の人が、それをするでしょう。/ でも、自らの証しをとおして種を播く喜び……。ことばだけでは足りず、十分ではありません。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 6月 17日 談話
今日の聖人
聖大ヤコブ使徒

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:二コリント4・7-15
福音朗読:マタイ20・20-28
今日の「聖書を読もう」
コリントの信徒への手紙2 4.1-16
女子パウロ会
マルコで祈る

2017/07/19

マルコで祈る
‘Laudate'(ラウダーテ)Webサイトへようこそ!

女子パウロ会は、社会的コミュニケーションのために創立された、東京・赤坂にあるキリスト教(カトリック)修道会です。

‘Laudate’とは、ラテン語で「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、すべてのことの中で働いてくださる神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに神をほめたたえる場となれますように。

携帯ショッピング QRコード

▲ページのトップへ